JOUR des MUGUETS | ミュゲの日JOUR des MUGUETS | ミュゲの日
JOUR des MUGUETS
好きな人にふりかけるとなびいてくれる聖なる香りの贈り物‥
May 1st

JOUR des MUGUETS

ミュゲの日

JOUR des MUGUETS

フランスでは5月1日に愛する人やお世話になっている人にスズランを贈る習慣があり、スズランを貰った人には幸運が訪れると言われています。

フランス語でスズランを「ミュゲ(muguet)」ということから、「ミュゲの日」と言われます。

5月1日は大切な人に「Happy」を届ける日なのです

Featured

スズランの花

MUGUET

鈴のように花が咲くためにこの名前がつきました。花言葉は「幸福が訪れる」「純潔」「純粋」「繊細」「幸福の再来」「意識しない美しさ」

スズランの伝説

LEGEND

森の妖精が大蛇を剣でうち倒した森の守護神セント・レオナードの清らかで勇敢な心をほめて咲かせた花と言われています。

スズランの香り

FRAGRANCE

バラ・ジャスミンと並び「三大フローラルノート」と呼ばれ、透明感のある香り、爽やかな香りからいくつもスズランの香水が出ているほど

Note

2019年のJOUR DES MUGUETS(ミュゲの日)の商品の販売は終了いたしました。2020年のJOUR DES MUGUETS(ミュゲの日)もよろしくお願いいたします。

Recommend JOUR des MUGUETS Flower Gift

スズラン・ボックスブーケ
¥5,184

スズラン・苔玉アレンジメント
¥3,780

スズラン・ブーケ
¥6,480

JOUR des MUGUETS

16世紀ヨーロッパでスズランの栽培が始まって間もなく、スズランを贈る風習が生まれました。当時、5月1日は愛の日とされており、葉と花で作った冠を被って男女が花をプレゼントし合っていたようです。

1561年5月1日、幸福をもたらす花とされるスズランの花束をプレゼントされたシャルル9世は大変喜びました。そのためシャルル9世は、宮廷のご婦人たちにも幸せを分けてあげようと毎年スズランを贈ることにしました。また、スズランは恋人たちの出会いや幸せの象徴でもあり、縁起が良いものとされていました。鈴蘭舞踏会と呼ばれるパーティが開催されることもあり、若い女性たちは白いドレスを身にまとい、男性たちはボタン穴にスズランを付けたりしていたそうです。

一般の人々にスズランを贈る風習が定着したのは19世紀末頃から。シャルル9世がスズランをもらって喜んだ年からちょうど15年後の1976年5月1日だと言われています。20世紀になると、パリ近郊の人々がスズランを探しに森に行き、野生のスズランを採取しました。現在では5月1日が近づくと、街角の至る所でスズランの小さな花束が売られます。

Inquiry

商品に対するご質問・お問合せ

PHOME

052.551.2711

Mon-Sat 10:00-19:00 / Sun 10:00-17:00

MAIL

info@ksflower.jp

Everyday 24hours

Shopping Guidance

Shop Guide

K’s flower novoのショップのご紹介。名古屋の玄関口である名古屋駅界隈に店舗があります…

How To Order

当ウェブショップのご注文方法の説明をしています。ご不明なお気軽にお問合せください…

Payment

クレジットカード決済・コンビニ支払い・PayPal決済・銀行振込のいずれかよりお選びいただけます…

Transport & Delivery

配達サービスと宅配サービスの説明。配達可能区域(名古屋市一部地域)は手渡しでのお届けが可能…

Photomail Service

ご希望のお客様には、実際にお届けしたお花の写真をEメールにて画像を送信しお知らせします…

Law & Privacy

特定商取引法に基づく表記とプライバシーポリシー(個人情報保護方針)…